FORM

私達を魅了する金の話

金には強度や硬度を与える為に他の金属と混ぜ合わせる事が有ります。そのような金を「割金(わりがね)」と呼びます。そして金と混ぜ合わせた金属の種類によって、金も見た目の色が異なってきます。例えば金を銀で割れば青みがかった金になります。また金属の中でも銅の割合が多くなれば赤みの強い金になります。普通18金でしたらイエローゴールドとなります。この場合、金のうちの75%が純金で、残りの25%のうち銀と銅がそれぞれ12.5%を占めています。更に色が緑がかったグリーンゴールドでしたら銀が25%です。反対に銅だけ25%となると、それはレッド・ゴールドになります。金の色のバリエーションはまだまだ有ります。ここに少しの銀とニッケルを加えると、最近人気の有る所謂ピンクゴールドになります。また残りの25%を銀やパラジウム等の6~7種類の白い金属を使って精製すると、ホワイト・ゴールドとなります。このホワイト・ゴールドですと、その外見はプラチナと同じ銀白色になります。ちょっと変わったところでは、黒味がかったブラック・ゴールドや、或いは柔らかな金茶色のベージュ・ゴールド等も有ります。一口に18金と言っても色々な色、色々な種類が有るのを御理解頂けたでしょうか。皆さんも試しに貴金属店等で足を運んでみてください。最近人気のシルバーアクセサリーも沢山有りますが、同時に色々な種類の金が売られていることがわかります。それらの金をじっと見比べてみてください。その微妙な色の違いがお分かり頂けるかと思います。そんな様々な金は私達の目を楽しませてくれています。
金には私達人類が古代から親しんできました。私達はずっと数千年もの昔から金をこよなく愛してきた、とも言えるのです。それは世界各地何処でもそうです。それ故金には、昔から世界各地で言い伝えや、寓話も寓話も多く存在しています。皆さんはイソップ寓話を御存知かと思います。そんなイソップ寓話に出てくる「王様の耳はロバの耳ぃ~」でも有名なミダス王は、太陽神アポロンによって、なんとその触るものが何でも金に変身するという、ある意味地獄のような幸せを与えられました。その結果、王は自分の娘に触ったとたん、娘は金に変わってしまいました。そんな話が伝わっているほどまでに、金には人々を熱狂と狂乱の渦に巻き込む危険な魔力が潜んでいるのではないでしょうか。それは現在の私達にも言えることでしょう。それ故金は現在もずっと、古代から変わらず人々に愛され続けているのです。

『純金』 最新ツイート

@kaede9999

毎回毎回イチゴジャム生産するの最悪だし、どうせなら純金のウンコを排泄してそれを売って暮らしていきたい

2分前 - 2017年12月12日


@kappa_ok_bot

【九-003】 のみならず又ゲエルの話は哲学者のマツグの話のやうに深みを持つてゐなかつたにせよ、僕には全然新らしい世界を、――広い世界を覗かせました。ゲエルは、いつもの純金の匙に珈琲[カツフエ]の茶碗をかきまはしながら、快活にいろいろの話をしたものです。

5分前 - 2017年12月12日


@QzAdxpnyDRwdHdS

@_mrsg_5 うわぁ〜ん悲しみ( ;∀;) 似た様なのでプラチナや純金あったらすぐ中目黒さんに言いますね!!

15分前 - 2017年12月12日


注目サイト

2016/6/9 更新