FORM

神秘的な輝きのプラチナ

皆さんはシルバーアクセサリーがお好きでしょうか。そんなシルバーアクセサリーも現在は私達にもすっかり御馴染みである、と言ってもいいでしょう。シルバーアクセサリーを始めとする貴金属は私達を魅了します。そんなシルバーアクセサリー、銀と同じくらい私達を引きつける貴金属がプラチナです。皆さんはそんなプラチナに関して御存知でしょうか。プラチナに関しては、私達は知っているようで意外と知らないようです。そんなプラチナの魅力についてここでは迫っていきたいと思います。
プラチナは未曾有の強固さを持つ謎の金属である、と言ってもいいでしょう。と言うのもプラチナはある意味私達には神秘的な存在です。プラチナの美しさを喩えて言うならクールな美、メタリックで硬質な輝き、そして純潔、潔癖と言ったところでしょうか。神に祝福された結婚のマリッジリングに最もふさわしい貴金属がプラチナなのです。

ジッポーに名前を入れて世界に一つだけ、あなただけのオリジナルジッポーを作りませんか?

ここで少しプラチナの歴史について触れてみましょう。現存する最古のプラチナ製品は、紀元前700年頃にまで遡ります。その当時に作られた古代エジプト第25王朝のテーベ王の娘の墓からプラチナが発見されました。それが現在発見されている最古のプラチナです。また南米でも紀元前からプラチナの装身衣が作られていることがわかっています。現在それらは博物館に数多く収蔵されていて、古代文明がプラチナの加工技術を持っていたことを証明しています。プラチナはかくも古くから、私達人類に密接に関わってきたのです。言い換えれば私達人類はかくも昔からプラチナを愛してきたのです。
そして18世紀前半、南米はコロンビアのピント川という川で、スペインの若い将校がこの金属を発見しました。彼はこの金属「プラチナ・デル・ピント」(ピント川の小粒の銀)と本国に報告しました。そこから「プラチナ」という名前が付きました。その後、融点が何と1769度、そして比重が21.4という未曾有の強固さを持つこの謎の貴金属に挑んだのは、スペイン王カルロス3世でした。彼はヒ素を駆使してプラチナを加工し、そして眩い輝きを放つ聖杯を作り上げました。
そして19世紀末になって、このプラチナは一つの転機を迎えます。新しく発見されたプラチナの美しさが、本格的に認められるきっかけを作ったのがかのジュエリー界の巨星であるルイ・カルティです。彼はカルティは「プラチナは貴金属の王者である。」と高らかに宣言しました。彼の存在によって、プラチナは言わばとうとう陽の当たる場所へデビューしたというわけです。彼がプラチナの普及に果たした功績は非常に大きいとも言えます。

『プラチナ』 最新ツイート

@ukipe_jiten

進化【ギンカク・キンカク】 ドウカク同士の合成でギンカク、ギンカク同士の合成でキンカクという面白い進化方法を持つ。ただしその先のプラチナカクだけは別。https://t.co/2xL77CVveu

4分前 - 2017年12月12日


@jojo_serihubot

賭けよう……スタープラチナの私への第一撃は、まず「左腕」をくり出す 第一攻撃は、まず左腕のパンチ 賭けよう

5分前 - 2017年12月12日


おすすめWEBサイト 5選

五反田でマッサージを受ける
http://www.pink-surprise.com/

最終更新日:2016/6/9